本文へスキップ

特定非営利活動法人「日本ギフテッド協会」は、日本における「ギフテッド」や「ギフテッド教育」を支援し、応援していく協会です

ギフテッドも含め、全ての人が笑顔で暮らせる多様的な社会を提案します。

「日本ギフテッド協会」は、NPO法人という形で「運営側(正会員)」も「会員側(準会員・賛助会員)」もお金を出し合い、会費と寄付金のみで活動していく、少し変わった協会です。

(ミッション性を失わないため、役員の報酬も無し、事業収益も無しの完全ボランティアのみで運営していく会です。※NPO法人は行政のお墨付きがある法人ではありません。


NEWS新着情報

2014年10月22日 NEW!
行政(栃木県)との意見交換会を実施しました。詳細(概略)は→NPO法人日本ギフテッド協会のFaceBookページをご覧ください。
2014年10月15日 NEW!
日本ギフテッド家族会」・「日本ギフテッド当事者会」・「日本ギフテッド支援・研究会」 の募集を再開しました。
2014年6月26日
ホームページをリニューアルしました。 (※現在工事中です。
2014年6月9日
日本ギフテッド協会は「特定非営利活動促進法第10条第1項」の承認を受け法務局での登記が完了し、任意のボランティア団体から、「NPO法人 日本ギフテッド協会」へと生まれ変わりました。

TOPICS

  • 【お知らせ】2014年の「日本ギフテッド当事者会」・「日本ギフテッド家族会」・「日本ギフテッド支援・研究会」 の会員の再募集を開始しました。詳しい説明は各ページをご覧ください。
  • 【当事者会・家族会】各都道府県に最低1つ以上の「ギフテッド・2E親の会」を設立すべく、現在宇都宮市にて「宮ギフテッド・2E・LD当事者会」・「宮ギフテッド・2E・LD家族会」を運営すべく準備中です。(単なる顔と顔を合わせられる「自助グループ」や「情報交換の場」に留まらず、ギフテッドや2Eの臨床経験のある方をはじめ様々な専門家を活用できる1歩踏み込んだ会にしたいと思っています。)

    当協会で知り合ったメンバーと各地で「ギフテッド・2E・LD家族会」を作ってみたいという方がいましたら、お問い合わせよりご連絡下さい。 必要であればノウハウを公開し、サポートしたいと思います。
  • 【ボランティア】現在、学生ボランティアを募集中です。


注意事項

ギフテッド矢印1.NPO法人日本ギフテッド協会は「ギフテッド」や「2E」を認定する機関ではありません。

当協会は「医者の会」でもなければ、「教師の会」でもなく、基本形態は「自助会」です。
これまで通り、「ギフテッド」や「2E」についての国内外における現状や、日本や海外の研究者の情報を発信しつつ、民間の教育施設や医療機関の情報、他のNPO法人などでの受け皿などを、「家族会」「当事者会」「研究会」で共有していくという活動には変わりありません。公益法人のように行政のお墨付きがあり「日本を代表する会が『ギフテッド』を認定する」ものではなく、単なるボランティアの延長線上のNPO法人なので、「困りごとがあり、希望すれば誰でも入れる会」です。(ただし、「自助会」なので同じ仲間を傷つける言動をしてしまう方はご遠慮ください。会の方針に共感した方が入る団体であり、ギフテッドや2Eだらか入るという発想ではありません。)

ギフテッド矢印小2.NPO法人日本ギフテッド協会の目的は天才児育成ではありません。
ギフテッドとは?」の「NPO法人日本ギフテッド協会の見解」にあるように、「ギフテッド」という統一定義がないため、凸凹やOE衝動、その他様々な点で困っている「当事者」をサポートするというところを中心にしています。
そして視点は常に「当事者」にあります。
入り口は幅広くしており「ギフテッド・2E・LD・HDAD・ASD」と聞いて気になる方、もっとよく知りたい方・一緒に学びたい方など様々な方を募集しています。実際参加してみて、ちょっと違うなーと思われる方は、会はいつでも自由に脱退できますし、まだ「ギフテッドや2E」については良くわからないけど、自助会としては有効だ、もっと知りたいと思う方は継続して頂いても大丈夫です。
特に入会試験などはなく、「Wais」や「Wisc」などの医療用の検査は必須ではありません。あくまで「当協会の方針」に賛同した方が自助的に入る会です。
区分としては「当事者」が大人の場合は「ギフテッド当事者会」に、「当事者」が子供の場合はその親御さんが「ギフテッド家族会」に、家族を含む「当事者」の支援や・研究を通してサポートしたい方は「ギフテッド支援・研究会」に入会となります。

ギフテッド矢印オレンジ3.NPO法人日本ギフテッド協会の考える終着点。

当協会は、「当事者会」や「家族会」をインターネット上ではなく、お住まいの地域で実際立ち上げていただくことを推奨しています。顔と顔が見えない交流ではどうしても、「行き違い」や「物足りなさ」が発生しやすく、「個別的な対応」が困難な場合も多く実際の解決につながりにくいからです。(もちろん、逆に気軽にインターネット上で交流をしたり、情報だけを得たいという考え方も肯定致します。)

ただし、現状では「お住まいの地域」で個人で会を立ち上げたり、人を集めたりすることは困難だと思います。そこで、この協会のインターネット上での交流を通して、「お住まいの地域の近く」で同じ悩みを抱えている方を見つけ、宇都宮市を参考に「当事者会」・「家族会」を立ち上げて頂き、WEB上のコミュティーで相談をして頂いたり、当協会に相談して頂ければ幸いです。
このように、地域の「当事者会」・「家族会」・「支援研究会」が誕生し、そこで各自が活動することが、当協会の終着点(再び任意団体に戻り地元の「当事者会」・「家族会」・「支援研究会」に専念する終着点)だと考えています。

ギフテッド当協会は、独自の教育施設や医療機関を自前で持っていません。

当協会はあくまで「自助会」なので、「教育施設」や「医療機関」等は持っておらず、「会のメンバー」の要望があれば紹介できる体制をとっていく予定です。例えば「Wisc」という医療用知能検査を受けたいという方がいましたら、それが受けられる施設をいくつか紹介したり、その分析が不十分と感じられる方がいましたら「Wisc」の分析の専門家を紹介したり、「ソーシャルスキルトレーニング」を子供に学ばせたいという方には、スクールや教育機関を紹介したり、当協会だけではなくみなさんの情報も活用させて頂きながら自助的に無償紹介していきます。

バナースペース

栃木県支部

「当事者会」「家族会」「研究会

大人も子供も遊び隊 (公園遊び)

※許可がとれましたら活動の様子なども報告していきます。



















愛知県地方での「当事者会」の告知

WEB上の「当事者会(準会員さん)」が愛知県にて、2014年8月16日(土)14:00〜16:00に「2Eの会〜Twice Excepitonal〜」の第1回親睦会を開催することを決めました。
詳しくはこちらをご参照ください。

(※許可がとれましたら活動の様子なども報告していきます。)

































NPO法人日本ギフテッド協会

お問い合わせ専用フォーム


 はてなブックマークに追加